マンションの価格は、下がりやすい?

マンションは、戸建てよりも価格が下落しやすいです。

特に、東京や名古屋にあるデザイナーズマンションは、デザイナーズマンションなので価格は、下落しにくいですが、マンションは、築年数を重ねるごとに値段は下がってしまいます。

特に、一戸建てと比較してみると、マンションの下落率は大きくなります。その理由は、マンションの方が土地に対する比率が低いからです。

中古物件の価格は、土地と建物で分けて算出されます。土地はなかなか下がりにくいのに対し、建物はモノなので、買った時から価値が下がってしまうのです。

築15年ぐらいまでのマンションは、下落率が高く、下落率が最も大きいのは、新築直後です。

なので、築5年から10年くらいの中古マンションは、割安感があるので人気が高く、売りに出してもすぐに売れます。このくらいの築年数のマンションは、割安感がありますが、価格が下がるという訳ではありません。

築15年を越えたあたりから、価格の下落が緩やかになり、築20〜30年ごろに下落は落ち着きます。

しかし、地域によっては中古マンションでも値段が下がりにくいところがあります。その地域が、東京です。

東京の中古マンション価格が下がりにくい理由を解説します。

東京にあるマンションが値下がりしにくいのは、東京は中古マンションに対するニーズが多いからです。

それは、都心に行けば行くほど、新築マンションを建設する余地が少ないからです。

また、東京は地価が高いので、新築マンションの相場が特に高く、中古マンションに人気が集まりやすいという事情もあります。

そして、東京は中古マンションのニーズと流通量そのものが多いので、価格が下がりにくくなっています。

基本、駅近はマンション価格が下がりにくい傾向にあります。個々でみたときの差はありますが、駅近のマンションでも下落が進むところもあります。

しかし、一般的に言って、駅近物件が下がりにくいのには理由があります。それは、駅から徒歩5分圏内の円の面積と、徒歩10分圏内の円の面積は4倍もの開きがあるからです。

徒歩5分圏内の円面積が狭いということは、つまりそれだけマンションの数自体も少ないということです。これは、希少性が高いということにもつながります。希少性が高いということは、それだけ競争が激しく、価格も下がりにくいのです。

また、地域のブランド力によって、マンション価格の下落率は緩やかになります。

東京の「住みたい町ランキング」が毎年発表されますが、その様な地域には人気が集まるので、競争原理によって価格は他と比較してみても下がりにくいです。