マンションの価格は、下がりやすい?

マンションは、戸建てよりも価格が下落しやすいです。

特に、東京や名古屋にあるデザイナーズマンションは、デザイナーズマンションなので価格は、下落しにくいですが、マンションは、築年数を重ねるごとに値段は下がってしまいます。

特に、一戸建てと比較してみると、マンションの下落率は大きくなります。その理由は、マンションの方が土地に対する比率が低いからです。

中古物件の価格は、土地と建物で分けて算出されます。土地はなかなか下がりにくいのに対し、建物はモノなので、買った時から価値が下がってしまうのです。

築15年ぐらいまでのマンションは、下落率が高く、下落率が最も大きいのは、新築直後です。

なので、築5年から10年くらいの中古マンションは、割安感があるので人気が高く、売りに出してもすぐに売れます。このくらいの築年数のマンションは、割安感がありますが、価格が下がるという訳ではありません。

築15年を越えたあたりから、価格の下落が緩やかになり、築20〜30年ごろに下落は落ち着きます。

しかし、地域によっては中古マンションでも値段が下がりにくいところがあります。その地域が、東京です。

東京の中古マンション価格が下がりにくい理由を解説します。

東京にあるマンションが値下がりしにくいのは、東京は中古マンションに対するニーズが多いからです。

それは、都心に行けば行くほど、新築マンションを建設する余地が少ないからです。

また、東京は地価が高いので、新築マンションの相場が特に高く、中古マンションに人気が集まりやすいという事情もあります。

そして、東京は中古マンションのニーズと流通量そのものが多いので、価格が下がりにくくなっています。

基本、駅近はマンション価格が下がりにくい傾向にあります。個々でみたときの差はありますが、駅近のマンションでも下落が進むところもあります。

しかし、一般的に言って、駅近物件が下がりにくいのには理由があります。それは、駅から徒歩5分圏内の円の面積と、徒歩10分圏内の円の面積は4倍もの開きがあるからです。

徒歩5分圏内の円面積が狭いということは、つまりそれだけマンションの数自体も少ないということです。これは、希少性が高いということにもつながります。希少性が高いということは、それだけ競争が激しく、価格も下がりにくいのです。

また、地域のブランド力によって、マンション価格の下落率は緩やかになります。

東京の「住みたい町ランキング」が毎年発表されますが、その様な地域には人気が集まるので、競争原理によって価格は他と比較してみても下がりにくいです。

葬儀に必要なお布施の金額とは?

お布施に定価はありません。

お布施とは、仏式の葬儀や法事で読経などの供養をしてくれる僧侶に渡すお金のことです。これは、葬儀社への支払いとは別にかかるものです。仏教で布施とは施しを与えることを意味していて、ご本尊へ供えるという宗教的な性格を持っています。なので本来はできる範囲で包むものであり、定価というものは存在しません。

目安になる額ですが、菩提寺へのお布施なら、檀家総代の方に聞くのも一つの方法です。もしくは、お寺に直接問い合わせても問題はありません。しかし、これはお気持ちでと言われることも多いでしょう。

その場合、初めてのことで分かりませんので、他の方がどれくらい包まれているのか教えていただけると助かりますと、確認すると良いでしょう。

葬儀社を通してお願いしたお寺の場合、葬儀社に確認しましたら、○万円くらいが多いですと教えてもらえます。

どちらの場合も、通夜・葬儀での読経や供養だけなのか、戒名まで含まれるのかどうかを確認しておいたほうがいいでしょう。

一般的なお布施の学派は、地方によっても、宗派、葬儀の規模、寺との関わりの深さなどによっても異なりますが、目安となる金額は下記の通りです。

関東圏:約20万円~35万円
関西圏:約20万円。

※戒名料を含まない額です。

これは、あくまでも目安ですので、戒名料を含めて、15万円~50万円くらいかかると思っておいた方が良いでしょう。

四十九日や一周忌など、主な法事・法要で僧侶に読経や供養をお願いする場合においても、お布施を渡します。

四十九日法要:3万円~5万円
一周忌法要:3万円~5万円
三回忌法要:1万円~5万円
七回忌法要以降:1万円~5万円

四十九日や一周忌など、特に重要な法要の時は多めの額を包みます。

お寺の本堂以外の場所で行う場合はお車代5000円~1万円程度を、また御膳料(僧侶も会食に参加する場合は不要)も渡すのが通常です。

お布施は葬儀、法事・法要のほかに納骨式(3万円前後)やお盆(5000円~1万円前後)に僧侶に来ていただく時にも渡します。

お布施を渡すタイミングや渡し方は、下記になります。

通夜・葬儀の場合

葬儀社ではなく、僧侶に直接渡します。通夜が始まる前、葬儀が始まる前に僧侶に挨拶する時がよいでしょう。もしくは終わった後の挨拶時でも構いません。

葬儀社から紹介されたお寺の場合、葬儀社にいつ渡せばよいか確認しておきましょう。

法事・法要の場合
事前にお寺に持参するのが最も丁寧ですが、当日渡すことがほとんどです。法事・法要が始まる前の挨拶の時か、終わった後に渡します。

ところで、みなさんは、急な葬式で喪服がないとお困りの方もいると思います。その場合は、喪服をレンタルもできますので、ネットなどで調べてみると良いでしょう。

ハイブランドとは何?どの様な種類がある?

ハイブランドのアイテムはいつの時代も多くの女性の憧れです。街で自分のスタイルにあったハイブランドアイテムを持っている女性を見ると、大人の女性の品格やセンスを感じることでしょう。

しかし、ハイブランドとは何なのか、どこからハイブランドなのかを知らない人は意外と多いのではないでしょうか?

ここでハイブランドについて理解し、あなただけのハイブランドアイテムを身につけて、大人の女性の仲間入りをしましょう。

ハイブランドとは何?

ハイブランドとは、高級、高価なブランドのことです。英語で「ハイ」は高価、高級、という意味があります。

ハイブランドに備わっているのは、それぞれブランドの伝統や、それに裏打ちされた品質です。

長い歴史の中で作られたブランドイメージに伴う高級感やクラス感など。また、本物の純正な素材、伝統に基づいたデザインやカラーが、年月が経っても進化し続け、ファンを生み出し続けていくのがハイブランドです。

例えば、デパートの1階はデパートの顔。ハイブランドが並んでいます。ファッションショーで発表された洋服、バッグ、靴などが展示されています。

もし気に入ったハイブランドアイテムを自分の物にした時、ステータスや、日々の生活への満足、達成感などを感じられることもあるでしょう。

それがハイブランドが私達にもたらしてくれる恩恵ではないでしょうか。

ハイブランドのブランドは?

ハイブランドとは、以下のものになります。

エルメス、シャネル、ルイ・ヴィトン、グッチ、セリーヌ、プラダ、フェンディ、イヴ・サンローラン、ジョルジオアルマーニ、ドルチェ&ガッバーナ、クリスチャンディオール、バレンシアガ、ヒューゴボス、エトロ、ボッテガベネッタ、トムフォード、エルメネジルドゼニア、クリスチャンルブタン、バーバリー、ロロピアーナ、ヴァレンティノなど。とても多くあります。

アウトレットモールにお店があるブランドや、WEBサイトで海外からの並行輸入品が売られていることが多いブランドは、ユーズドショップで買うするのがオススメです。

その理由は、お店によっては、新品の並行輸入品が正規店よりも数万円お得に売られていることがあるからです。さらにアウトレットモールで売られているハイブランドは一度使っただけで新品同様のアイテムがかなり安く売られているケースが多くあるのです。もし購入しなくても、ブランドバックレンタルショップで借りて街中を歩くのも良いですね。

鉄筋鉄骨・鉄筋・鉄骨・木造の違いとは?

私は、武蔵村山市に住んでいますので、よく新築 武蔵村山市などで不動産を調べたものです。購入する不動産は、構造から選ぶのがおすすめです。

マンションや住宅などマイホームを購入するような時に、様々な物件をチェックしていると、「鉄筋コンクリート造」、「鉄骨鉄筋コンクリート造」や、「木造」というような言葉をよく見かけます。

これらの言葉は、建物の構造に関する用語で、それぞれどのような材質でどのように作られたのかを表している言葉になります。

鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、木造には、それぞれの特徴であったりメリットがありますのでその違いを確認しておく必要があります。

物件の構造は、直に住み心地や耐久性に関係してくる部分になりますので、しっかりとそれぞれの特徴やメリットを知っておく事は物件選びの重要なポイントになります。

鉄骨鉄筋コンクリートとは?

鉄骨鉄筋コンクリートは、SRC造とも呼ばれています。

頑丈な鉄骨の周りを、更に鉄筋とコンクリートで補強している所が他の構造とは違っております。とてもコストがかかってしまうので、あまり高くない建物には使われておりません。

鉄骨鉄筋コンクリートが使用されるのは、主に10階建て以上の高層マンションなど大きな建築物になります。鉄骨鉄筋コンクリート造は、とても頑丈に出来上がりますので耐震性の高さは群を抜いています。

引っ張る力に耐える鉄筋の良い部分と、圧縮力に強いコンクリートの良い部分の両方の長所が活かされているので、震災時の揺れや大規模建築の重みにもしっかりと耐えることができます。

鉄筋コンクリートとは?

鉄筋コンクリートはRC造とも呼ばれています。

コンクリートに鉄筋が埋め込まれている建材で作られる建物で、コストは鉄骨鉄筋コンクリート造よりもかなり安めです。

こちらは、10階建て未満の中低層の建築物に使用されている建築方法になります。

鉄筋コンクリートは、気密性がとても高いので防音性能に優れています。また、柱や梁、壁などの基礎の部分に鉄筋コンクリートが使われている物件は、振動にとても強いので地震でも安心です。

木造とは?

木造とは、木をメインに作られた建築方法で、木造住宅は、蓄熱量がとても小さく鉄筋コンクリートと違い密閉性が低いのが特徴です。

この気密性の低さによって外気と室内温度の差を和らげてくれるので、結露を防いでくれます。その為、シミとカビなどが出来にくく、住む人の健康維持に役立つというメリットがあります。

また、木造の建物は燃えにくいといったメリットもあります。

葬儀の費用について解説。

葬儀全体にかかる費用

葬儀にはある程度まとまったお金が必要となります。葬儀全体にかかる費用の相場は、一般的に150万~200万円ぐらいです。

その内訳は、大きく下記の三つに分けられます。

葬儀一式にかかる費用

祭壇の費用、会場利用料、人件費や車両にかかる費用など

飲食にかかる費用

会食や通夜振る舞いにかかる費用

宗教者への費用

宗教者へのお布施などにかかる費用

葬儀にかかる高額な費用は誰がどのように負担すればいいのでしょうか。
法律などで葬儀費用を支払う人が決まっている訳ではありませんが、喪主や施主が支払うことが一般的です。

突然身内の不幸に見舞われた場合に考えなくてはならないのが、葬儀費用を支払う人についてです。葬儀費用は、かなり高額ですので誰が支払うものなのかしっかりと把握しておきたいものです。

莫大な費用となることが一般的な葬儀代ですが、葬儀関係のお金となると相続税の確定申告をどのようにすればいいのかが気になる方も多いでしょう。実は葬儀代は確定申告ができないという話がよく聞かれます。葬儀代と相続税の確定申告の関係を控除対象とともに解説します。

葬儀代の支払い方法
これまで紹介した通り、葬儀代は高額になりますが、現金一括で払わなくてもいい場合があります。クレジットカード払いや分割払いなどの葬儀代の支払い方法もあります。

葬儀費用は「支出」と「収入」の差し引きで考えます

葬儀を営む際には支出がある一方で収入もありますから、実質的に必要となる葬儀費用は、それら「出」と「入」の差し引きで案分すべきものです。

葬儀に参列する人が持参する香典の金額には、生前の故人との関係などによって相場があります。

厳粛な葬送に際して不謹慎と思われるかもしれませんが、会葬者の人数・顔ぶれによって、香典の総額もある程度想定することができます。それ以外の葬儀における収入要素も把握しておけば、葬儀費用のおおまかな収支の予算化もでき、それによって葬儀にかかる実質的な費用の見通しが立ちます。そして、かけられる費用をちゃんと判断することもできます。

少人数の葬儀なら費用負担が少なく済むとは限りません。最近の葬儀では、少人数の家族葬や、お葬式なしの直葬が選ばれる傾向が見られます。その理由として、「出費を抑えたい」などの声がよく聞かれます。

しかし、葬儀費用を上記のように、「出費」だけではなく「入」の金額との相関で考えるようにすると、必ずしも、身内だけの小規模な葬儀・葬送が費用負担を軽くできるとは言えない場合も多くあります。

葬儀の後、遺品整理を行います。遺品整理を身内でできないという場合には、最寄りの業者を調べてみましょう。例えば、遺品整理を名古屋の業者に依頼する場合、遺品整理 名古屋などで調べると良いでしょう。

マットレスのレギュラー・ハード・ソフトとは何?

マットレスは商品の種類によっては硬さを決めることができる場合もあります。

その場合レギュラー・ハード・ソフトと3つに分けられることが多く、こちらの3つから選ぶことがあれば、2つしかなくてどちらかしか選べないという場合もあります。

名称により、ある程度その違いが理解できる人も多いと思いますが、マットレスの場合にはどのようになるのか分からないと思う方もいるでしょう。

では、実際にマットレスのレギュラー・ハード・ソフトはそれぞれどのような違いと特徴があるのでしょうか?

レギュラーのマットレスは、通常のものという意味を持っています。この意味の通りにマットレスにおいては通常の硬さを指す言葉になっています。しかしこの通常というのはそのマットレスにおける段階という意味であり、その硬さは商品となるマットレスによって変わってきます。

なので、レギュラーはハードよりも柔らかく、ソフトよりも硬いタイプと認識しておいた方が良いでしょう。一方、その商品によっては基準自体が硬め、柔らかめとなっている丁度いい硬さ、柔らかさで寝たい場合にはレギュラーを選んだ方がいいということも多いです。特にレギュラーの他、ソフトかハードのどちらかしか用意されていない場合にはその傾向があるので、気をつけた方がいいでしょう。

ハードのマットレスとは、その名の通りハードは硬い意味を持つ言葉であり、マットレスにおいては硬めのマットレスを指すことになります。しかしレギュラーの硬さにも違いがあるようにこのハードもマットレスに応じて硬さが違い、レギュラーよりも少し硬めに設定されていることもあれば、かなり硬めに設定されている場合もあります。

なので、硬いのが良いのでハードを選ぼうとすると、あまりの硬さで逆に寝心地が悪くなってしまうということがあるので、ハードであってもその硬さがどの程度のものかは商品ごとの情報から確認しておくといいでしょう。

しかし、こうしたハードと称されるマットレスは後から細工することで調整できるということもあるので、臨機応変に自分や寝る人間の変化によって対応していたい場合にはハードを選んだ方がいいかもしれません。

ソフトのマットレスは、柔らかめに作られているマットレスのことを指す言葉であり、こちらもハードと同じく沈み込む程の柔らかさを指すこともあります。また、その名に反して意外とあまり沈み込まないを指すこともあります。

特にコイルスプリングは、バネの弾力がある素材を利用している関係で、ソフトでも思った以上に沈まないタイプであることが多いです。

しかし柔らかさの度合いが違っていても、柔らかい寝心地を心がけていることが多いので、柔らかいタイプの寝心地と相性が良くない場合には選ばない方がよく、逆に良ければ選ぶのがいいタイプです。こちらもどれだけ柔らかいか商品ごとの詳細を見て確認をしておきましょう。ハードと比べると調整したいと感じても難しいため臨機応変にマットレスへと対応したい場合には使用しない方が良いでしょう。

商品の中には2つのタイプを両立しているようなものも存在しています。二層になっており表と裏で使っている素材、作り方が違って片方はハード、片方はソフトといったように構成することが可能です。このタイプは、利用する人間やその時の気分によってハードとソフトを使い分けることができるのが大きなメリットです。

状況に応じて変えたい場合にはこうしたタイプのマットレスを選ぶのがよく、実際にマットレスを取り扱っている有名なメーカーが提供していることもあるため高性能な種類のものを手に入れることもできます。良い素材を使用しているものとして、マニフレックスなどがあります。こちらもおすすめなので、是非使用してみると良いでしょう。